東京主婦 ラビ子Log

骨格ウェーブに憧れるストレート、フレッシュさはないけどPCスプリングのアラフォー|骨格ストの着こなし研究|コスメやネイル|趣味の旅や美味しいもの|などを綴っています。

お土産にも、旅のお供にも。沖縄のローカルお菓子をご紹介します。

旅に出ると現地のお菓子買いたくなりませんか?観光客用のきれいに包まれたお土産じゃなくて、地元で親しまれているようなローカルフードってなんだかとても魅力的。ちょっとしたお土産にもなるし旅の中で食べたりもできるし、なにより普段見慣れないお菓子って楽しくなります♩

今回はそんなご当地スーパーで買える ローカルなお菓子の購入品をご紹介します。

f:id:ch1e121:20210828005222j:plain

硬さの限界に挑む 『いちゃガリガリ』

f:id:ch1e121:20210827124853j:plain

パッケージの『カタイ!』という文字が気になって手に取ってみると『昔なつかしい沖縄の駄菓子』と書かれていて俄然興味が湧き購入してみた一品。見ためはなんだろう…カリントウみたいな感じです。手に取ったじてんで「あ、硬いな」分かるんですけども、いざ食べてみるとこれがもう引くほどカタイ!今まで口にした食べ物のなかでナンバー1で硬いです。人間の歯で噛み砕けるギリギリのラインの硬度だと思います。沖縄の人はこれを平然とガリガリ噛み砕いているのだろうか。強靭すぎやしないか。

初見で前歯では噛まない、端っこは噛まないようにして下さい。歯がもってかれます。奥歯で棒の真ん中辺りに圧をかけるとなんとかガリっといく感じ。しかし噛んでいるさいちゅうも、いちゃガリガリが砕けてガリガリいってるのか自分の歯が砕けてガリガリいってるのか分からなくなってくるレベルで硬いんですよ…コワイ。

味はですね、薄い塩味付きの揚げ過ぎた揚げ物のような…なんとも言えない味わい。中に細い棒状のイカが1本入っていますが特にイカの味はしません。話のネタに一度買ってみても面白いかも。その際はくれぐれも歯を痛めないようにお気をつけを。

沖縄の名菓『スッパイマン』

f:id:ch1e121:20210827142644j:plain

 超メジャーどころスッパイマン。梅干しを使ったお菓子です。いろんな種類がありますが、わたしはこの1番プレーン(?)な種無しタイプの飴かカサカサになったヤツが好きです。美味しいですよね〜♩そうそう、乗り物酔いする方にもオススメですよ。梅干し食べると不快感が軽減します。沖縄だと普段乗らないようなボートレジャーをすることも多いと思うので酔い止めがわりに👍🏻

工場見学もしているそうなので、スッパイマン好きな方は雨の日の観光に行っても良さそう!https://www.amaume.co.jp

新感覚のふわふわ『天使のはね』

f:id:ch1e121:20210827124928j:plain

いちゃガリガリとは対極的なふわふわお菓子“天使のはね”。ふわふわといっても押したら崩れてしまうようなデリケートなものではなく、綿を握りつぶしたような不思議な質感です。このふわふわの正体はお煎餅のを作る過程ででるものなのだそう。味について美味しそうな上手い表現が思いつかないのですが、湿気ったポップコーンみたいな感じというのが1番しっくりきます。なんだか不味そうに聴こえてしまいそうですが、ちゃんと美味しいんですよ。個人的にはかなり好きな味です。そして特筆すべきはそのカロリーの低さ。なんと一袋食べても132kcalなのです。すごい!これはまたリピートすると思います。普通に食べても、お酒のアテにも良い。

クセになる美味しさ『砂肝ジャーキー』

f:id:ch1e121:20210827142610j:plain

これ!すごく好きです。関東のコンビニやバラエティショップでも売ってるところありますよね。むかし一時すごくハマって毎日のように食べてました。名前の如く、砂肝を使ったジャーキーです。コショウ味の他に塩味・唐辛子味があります。個人的にはコショウ味がオススメです。内容量が少ないのが玉に瑕。

通名“脳みそせんべい”!?『えび味せんべい』

f:id:ch1e121:20210827125016j:plain

玉木製菓のえびせんべい。厚みがあってサクサクして、エビの味がほんのりします。味付けはけっこう薄め。子供用のお煎餅みたいな優しい味付けです。物足りない場合はソースやマヨネーズをかけるとよいかも!美味しいです♩

 そうそうこちらのえびせんべい、沖縄では“脳みそせんべい🧠(絵文字あるんだ…)”と名付けられて親しまれているらしいです。何ともいえない色味と表面のシワ感がそう見えなくもないけども…ネーミングセンスよ…。その発想力に笑ってしまう。

ちなみにいか味のいかべえもあります。こちらも美味しそう。

ふわもち食感『楚辺ポーポー』

f:id:ch1e121:20210827160154j:plain

お土産を買いに寄ったJAおきなわのゆんた市場で見つけたのがこの“楚辺ポーポー”。どうやらこれは読谷の伝統菓子なのだそうで。せっかく読谷に滞在しているのだしコレは食べねばと購入してみました。ポーポーじたい初めて食するのでイマイチ違いが分からないのだけど、楚辺ポーポーはポーポーの元祖的な存在らしい。

f:id:ch1e121:20210827160222j:plain

ビジュアル的には巨大なシガール。味は黒蜜風味のもちもちしたホットケーキをくるくる巻いたものを想像していただければよいと思います。素朴な味わいでなかなか美味しい。そしてお腹にたまる。ゆんた広場ではホットケーキミックスならぬ楚辺ポーポーミックスも販売しているのでお土産に買って自宅で再現してみるのも楽しみがあって良いかもしれませんね。

おまけ : コンビニも“沖縄っぽさ”がたくさん!

旅の中で1度くらいは寄るであろうコンビニでも沖縄らしい商品に出会えます。

f:id:ch1e121:20210828125557j:plain

あぐー豚を使ったおにぎりや沖縄のソウルース“A1ソース”味のからあげくん。ブルーシールのアイスクリーム(これは近所のセブンでも見たな…)も美味しそうでした。

この他にも沖縄感満載の食べ物がたくさん置いてありますよ〜。是非探してみて下さい( ¨̮ )❥︎