東京主婦 ラビ子Log

骨格ウェーブに憧れるストレート、フレッシュさはないけどPCスプリングのアラフォー|骨格ストの着こなし研究|コスメやネイル|趣味の旅や美味しいもの|などを綴っています。

読谷村で食事するならココ!①沖縄食材をつかった古民家イタリアン『mintama』

その土地ならではのおいしいモノを食べることは、旅の大きな楽しみ。沖縄、美味しいモノ多いですよね。あらかじめ行きたいお店をネットやガイドブックでリサーチしするのも良いし、行き当たりばったりも楽しい。現地の方のレコメンドに乗ってみるのも好きです。

今回、読谷村に滞在することが決まってから周辺をリサーチして美味しいお店をいくつか開拓してきたのでレポートしようと思います。

 

f:id:ch1e121:20210826194148j:plain

第1弾はイタリアンレストランのmintama(ミンタマ)。イタリアンといってもそこは沖縄、地元の食材をふんだんに使ったお料理がいただけます。人気のあるお店なので予約した方が確実です。雰囲気も良く、リーズナブルで美味しい食事にありつけますよ😋

 

古民家でカジュアルなイタリアンを

滞在したホテルからほど近い場所(徒歩6分!)にあったので散歩しながら向かいました。お店の場所はというと読谷村を走る6号線を少し入ったところ、多少分かりにくいところに建っているのですが この的のような看板が目印です。

f:id:ch1e121:20210826143049j:plain

f:id:ch1e121:20210826143103j:plain

古民家をリノベーションした建物が店舗になっているミンタマさん。外観は沖縄の昔っぽい建築が残っているのですが、内装は開放感のあるオシャレなレストランといったふう。木の温もりと広い窓が印象的でした。

f:id:ch1e121:20210825131943j:plain

f:id:ch1e121:20210825131955j:plain

わたしが訪問したのは午後6時半くらいだったかな。まだ明るく光が差し込こんで気持ち良かった。店内のライティングじたいは暗めなので日が落ちると合わせたように店内も暗くなり落ち着いた雰囲気になります。カジュアルでオシャレなお店なので色々なシーンで使えそうですね。

島の食材を使ったお料理たち

f:id:ch1e121:20210826143140j:plain

f:id:ch1e121:20210826143154j:plain

ミンタマのメニューを少しご紹介します。まずは“本日のオススメお料理”。県産の食材を使ったイタリアンメニューが並んでいます。通常メニューのパスタやピザの種類も豊富!イタリアンの他に ラフテーやスーチカーなど沖縄ならではの郷土料理も

ミンタマで使われている魚介類は読谷村の都屋漁港から毎朝仕入れているのだそう。野菜やフルーツ・お肉も沖縄県産が多く使われていて、「その土地のものを食べたい」と感じている方もきっと満足できると思います(ˊᗜˋ)

 

これ食べました!

f:id:ch1e121:20210825131845j:plain

まずは 本日のおすすめメニューになってい(A)島ダコとドライトマトのマリネ。弾力があって柔らかい。タコ好きさんなら是非。あとはThe沖縄な食材が食べたかったので(B)海ぶどうとカラスミのパスタ(C)アーサとしらすのピザをチョイス。ピザはハーフサイズでオーダーできるのも嬉しいですね。キラキラした海ぶどうは新鮮でぷりぷり。アーサとチーズは相性抜群です!磯の香りに食欲がそそられます♡

郷土料理のメニューからも一品 (D)ぐるくんのフリッター。“ぐるくん”とは“タカサゴ”のこと。関東だとあまり馴染みのない魚ですが沖縄県の魚として指定されているそうです。一尾まるまる姿揚げなので 結構食べ応えあります。頭から尻尾まで全部食べられます

 

“ランチにがっつり沖縄そばを食べたし そんなにはおなかは空いていないんだけど…でも何かちょっと食べたいよね”くらいの空腹度だったので、これでお腹いっぱいに。本当はラフテーチャーハンとマヒマヒのオーブン焼きも食べたかったのだけど ( ›_‹ )

どれもこれも美味しくで満足でした。基本的にしっかりめの味付けでお酒が進む感じ。ワインはモチロン、日本酒なども取り揃えているのでお酒がスキな方にも良さそう♩

 

読谷村周辺に宿泊している方や、旅行中 毎日沖縄料理で食傷気味な時なんかに行ってみると幸せなお食事タイムになると思います\♡︎/

 

店舗情報

店舗名 Mintana(ミンタマ)
住所 〒904-0324 沖縄県中頭郡読谷村長浜1787−5
電話 098-958-6286
営業時間 18:00-22:00
定休日 日曜日
予約
駐車場 有り