東京主婦 ラビ子Log

30代主婦。美容・ファッション・旅行などなど気ままに記録していこうと思います。

【骨格ストレート】定番!ボーダーのバスクシャツはコレがオススメです。

永遠の定番アイテム『ボーダーのカットソー』

1枚は持っている人も多いのではないでしょうか。

この秋 バスクシャツを更新したのですが、それがとっても気に入ったので、ボーダーについて書いていこうと思います( ・ᴗ・ )

 

 

ボーダーについての考察

ボーダーのイメージ

やっぱり なんといってもカジュアル!

カジュアルだけど とても清潔感がある柄ですよね。

頑張りすぎてない ご近所ファッションにぴったりで、コロナ禍の自粛生活中に大活躍でした。

 

ボーダーの太さで印象は変わる?

一口にボーダーといっても、しましまの太さでかなり印象が変わります。

太い→子供っぽい・男らしい・カジュアル

細い→大人っぽい・女らしい・キレイめ

 

ただでさえカジュアルな印象になるので、大人がボーダーを着るなら 太いものより細いしましまのものを選んだ方が似合いやすそうですね。

 

ボーダーは本当に太って見える?

ボーダーは太って見える”って言いますよね。

何となく私も そういうものなんだろうと思っていたのですが、はたして本当にそうなのか?

ググってみると面白いことが分かりました。

“ヘルムホルツの正方形”という錯視をご存知ですか?

2次元の正方形ににおいて、ストライプよりボーダーの方が細くみえるという目の錯覚があるのですが、3次元ではどうなるのかマネキンで比較してみたところ ストライプよりボーダーの方が10.7%も細く見えるという結果が出たそうです。

この“正方形”というのがキモで、長方形になるとストライプの方が細く見えるという不思議。

なので 縦横の長さがさほど変わらないトップスなどで上手く取り入れれば、むしろボーダーは細見えする柄なんですね。

 

ボーダーのカットソー“バスクシャツ”を新調したい!

コロナ禍で普段着の重要性に改めて気がつかされました。

私はついつい華やかなお出掛け服に目を奪われてしまうタイプ。

自粛生活の際、出かける機会がグッと減って 普段着や部屋着を着て過ごすことが殆どになった時に、こんなに服持ってるのに着たい服がない!という状況に😫

なので“普段着で なおかつトキメク服が欲しい”と、春〜初夏に活躍した バスクシャツを買い足すことにしました♫

 

色々悩んで購入したのは骨格ストレート鬼門のオーバーサイズ!・・・トレンドだもの!着たいです\(ᯅ̈ )/

沢山試着した結果 意外にも細見えする形を発見してとても嬉しかったので、手持ちのもう一枚と一緒にご紹介します♫

 

女っぽい“Leminor MADEMOISELLE”

元々もっていたボーダーのバスクシャツはルミノアのもの。

Le minor(ルミノア) とは・・・

1936年フランス北西岸ブルターニュ地方で創業した老舗ブランド。現在もなお made in France にこだわりフランス国内の自社工場で生産しつづけていることからもクオリティの高さが伺えます。
過去にはフランス海軍向けのウェアを配給していたことから、製品クオリティのみならず、長年にわたって着続けることのできる「真の定番」として親しまれています。

 

所有しているのはマドモアゼルという形なのですが、ジャストサイズ&ボートネックとVネックの2wayで着られるという、なんとも骨格ストレート向けな1枚です。

他のバスクシャツメーカーより薄手の柔らかい生地なので、1枚で着るなら比較的暖かい時期向けかな?

f:id:ch1e121:20200926234707j:image

これは確か2年前くらいに買ったはず。

洗濯機でザブザブ洗っていますけど、ヘコタレません。素晴らしい。

 

私 骨格ストレートなのにVネックがしっくりこないなあと常々思っているのですが、こちらのバスクシャツは不思議と馴染むんですよね。

襟ぐりの空き具合がちょうど良いのか、(Tシャツなどと比べて)生地が厚いのが良いのか。

この形はとてもスッキリ見えます。

f:id:ch1e121:20200926234740j:image

左:ボートネック 右:Vネック

 

f:id:ch1e121:20200927003645j:image

Vネックを後ろにしても、程よい空き具合が女性らしく見えます。

さすがフレンチブランドですね♡

 

毎シーズン 色んなショップが別注カラーを出しているので、好みの色を探すのも楽しそう。

ストレートさんなら、まず初めに試着して欲しい1枚!オススメです。

 

こなれて見える“TWWのイエナ別注”

この秋に新しく新調したのはTWWのボーダー。

Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)とは・・・

英国マッキントッシュ社のデイリーウェアブランド。1974年にゴム引きコートからスタート。現在は、キルティングやジャケットコートをはじめ英国のトラッドスタイルをベースにしたアウターウェアを中心に、ベーシックウェアなどのアイテムを展開している。

マッキントッシュのカジュアルラインなイメージですね。

そして英国トラッド、大好きです。特にメンズにして欲しい、知的に見えてカッコいい。

 

このIENA別注 BIG MARINE BOATNECK プルオーバー が、オーバーサイズなのに着膨れずに むしろちょっと着痩せして見えるんです!

生地にしっかりと厚みとハリがあるおかげなのかな。

f:id:ch1e121:20200927004826j:image

肩幅が狭い方なので、大きく膨らまずちょうど良く収まりました。

袖をまくると、これまたちょうど良いところでピタッと止まってこなれて見えます♫

 

f:id:ch1e121:20200927010016j:image

このグレーの色味も肌色がキレイに見えるんですよね。PCスプリング向けのグレーなのかも!

秋らしい気候になってきたし、これから沢山着よう♫

 

同じような形で ルミノアのGRAND BATEAUも試着しましたが、生地が柔らかいせいか ワチャっとしてしまって似合わない。

素材の差でこんなに違うなんて、試着大事ですねえ。

 

さいごに・・・

春先や秋口は 色々バスクシャツが出揃う時期なので選択肢が多く買い時だと思います。

色々同時に着比べられるので、自分に似合う形が分かりやすいですし。

 

老舗メーカーのバスクシャツは よく出来ていてヘタリにくいので、少々高くても元がとれますよ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )✨

 

f:id:ch1e121:20200929001941p:image